仕事ってお金もらいながら勉強できる最高の場所♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どんな節税方法よりも 効果のある方法!LLPこと有限責任事業組合という組織で起業する方法

それは まず どんな節税方法よりも 効果のある方法のひとつは
 正しい起業方法を知ることなのです
 では お教えします。

 その起業方法とは 2005年に経済産業省がスタートさせた 
 LLPこと有限責任事業組合という組織で起業する方法なのです。

 どうですか? わかっていただけましたか?

 お教えする節税方法の2つのうちの1つはこれだけです

 「これだけ?」

 そうです これがどんな節税方法よりも 効果のある正しい起業方法なのです。
 簡単でしょう?

 この制度は 実はすでに欧米では広く活用されている方法なのです。
 最近10年間でアメリカでは 同様の方法で約80万もの事業体が設立されました。
 イギリスでは200年に始まり 1万を超える会社が設立されました。

 日本では 制度が出来てわずか3ヶ月で300人の方がこの制度を利用して
 新たなビジネスを開始しました

 まさに 最新の 世界的に広まっている起業方法なのです。

 では さらに詳しくこの制度についてお話しましょう。

 会社にすれば 法人税として会社の収入に税金が課税されます。
 さらにその残った利益に対して、分配された利益にも税金がかかります。

 いわゆる これが 二重課税です。

 日本の9割以上が 中小企業です さらにその殆どが個人ないし同族会社
 という家族・親戚内で経営する会社なのです。

 会社でいくら残しても 最終的に受け取った分配金にも課税されます。
 これでは 税金を払うために借金をしなくてはならなくなります。

 しかし この制度を利用して 起業すれば会社の収入にかかる"法人税”を
 支払わなくてもいいのです。

 つまり こういうことです。

 既に存在する会社2社で共同で株式会社を設立したとしましょう

 この共同で設立した会社が1億円の収入があったとすれば
 1億円の40%で まず4000万円の法人税を支払わなくてはなりません。

 そして 残った利益を折半して(1億 - 4千万 ÷ 2 =3千万)X40%
 受け取った金額にも法人税がかかります。
 その金額 1200万円となります(およそです)

 合計 5200万円もの税金を払わなければならないという事です。

 つまり 儲かった半分以上を税金で持っていかれるという現実です。

 ならば LLPという制度ならどうなるのでしょうか?

 先ほどと同じく 既にある法人2社が共同でLLPを設立したとしましょう

 まず 1億円の収入に対しては税金は0円、かかりません。
 (2億円でも 3億円でも同じです)

 次に
 残った利益を折半します この受け取った金額には法人税がかかります
 1億円の半分5000万の40%ですから
 その金額は 2000万円となります

全文読まれたい方はコチラをクリック
スポンサーサイト
  1. 2007/02/01(木) 02:31:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gfjytud5463gd.blog86.fc2.com/tb.php/61-170a4e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

gfjytud5463gd

Author:gfjytud5463gd
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。